IWATE・あんしんサポート事業とは

 社会福祉法人が種別を超えて連携・協力し、暮らしの困りごとを抱えた方の自立を支援する「新しい支え合いのしくみ」を作ることを目的とした事業です。
 趣旨に賛同する社会福祉法人が協働で実施しています。

事業内容

  • 地域の「あんしん」をまもるため、暮らしの困りごとを抱えた方の自立を支援します。
  • 社会福祉法人の資源を活用し、就労ブランクのある方に対して「働く準備活動(中間的就労)」の場を提供します。
  • 社会福祉法人の資源を活用し、地域の子どもに夜の居場所(フリースペース)を提供します(検討中)。

【支援活動の例】
①困りごとの解決に必要な期間中(就職活動期間・制度利用手続期間等)の衣食住の確保
②事故・疾病等の理由により生じた一時的な生活困窮状態の軽減
③子どもの社会的不利益の回避のための援助

暮らしに困りごとを抱えている方へ

  • まずは、最寄りの自立相談支援機関にご相談ください。
  • 本事業に参画している社会福祉法人の職員(あんしんサポート相談員)が、自立相談支援機関と連携の上、訪問及び支援を行います。

IWATE・あんしんサポート事業についてのQ&A

Q 具体的にどのような支援が受けられますか?
A あんしんサポート相談員は、関係機関と連携して自宅を訪問し、困りごとの解決を支援します。まずは、解決に直結する就職活動や制度利用手続の支援(交通費や必要書類の発行手数料等)を優先して行いますが、生命に関わる緊急性や既存制度では対応できない困りごとが認められる場合は、必要最低限の経済的援助(食糧等の提供、光熱水費の支払等)を行います。

Q 経済的援助を受けた場合、返済する必要はありますか?
A 本事業は、社会福祉法人が地域貢献活動(地域公益活動)として行っている取組です。財源は参画する社会福祉法人からの拠出金であり、経済的援助を受けた方が返済する必要はありません。

Q 詳しい事情を話したり、自宅に立ち入られたくないのですが、支援を受けることができますか?
A 本事業は、困りごとの解決までの道筋を共に考え、双方が必要と認めた部分を支援するものであり、事情を隠した方への援助はできません。また、社会福祉法人が地域に出向いて相談支援活動を行うことを基本としていますので、訪問を拒否する方は原則として対象外としています。

Q 借金の返済を援助してもらうことはできますか?
A 本事業の経済的援助を借金の返済に充てることはできません。無料法律相談等の利用を支援します。

参画法人・事業所

H30参画法人・事業所リスト.pdf(182KB)

本事業に関する問合せ先

福祉経営支援部 あんしんサポート事業担当
電話 019(637)4403