1 基本理念

本会は、
『地域福祉を推進し、誰もが住み慣れた家庭や地域で、共に支えあい、自分らしく、安心して生活することができる、豊かな福祉社会の実現』
に貢献します。

2 基本方針(行動指針)

私たちは、

  1. 常にお客様の立場に立ち、社会環境の変化に即応する事業に挑戦します。
  2. 幅広い関係者との連携・協働を進めます。
  3. 経営基盤の強化・刷新に向けた改革を進めます。
  4. 他人(ひと)を思いやる優しい心、高い専門性、強い責任感を持ち、常に向上・発展します。

3 基本的な役割

本会の基本理念の実現に向けて、以下の取り組みを行います。

  1. 多様な生活課題を掲げる全ての人々に対し、良質な福祉サービスの提供とともに、自己決定を基本とした適切なサービス利用を支援する体制整備を進めます。
  2. ボランティア活動の振興、NPO・ボランティア活動との連携、支援を図り、協働による住民主体の地域づくりを進めます。
  3. 県民の皆様に社会福祉への理解と参加を働きかけるとともに、その制度やサービスについてのわかりやすい情報提供を進めます。
  4. 豊かな福祉社会づくりのため、市町村社会福祉協議会の経営を支援するとともに、福祉、保健、医療、教育、労働等の多様な組織、機関等との連携、協働によるネットワークづくりを進めます。
  5. 国、県、市町村に対し、福祉サービス利用者の声と現場実践を踏まえた提言を行い、よりよい福祉制度づくりを進めます。
  6. 福祉サービス事業者に対し、ともにめざすべき方向性を明らかにするとともに経営基盤の確立、経営改善に向けた支援を進めます。
  7. 福祉従事者に対し、その専門性を高めることを支援するため、良質な研修事業の実施とともに多様な情報提供を進め、福祉・介護の仕事に関心を持っている方に対しは、職場を体験する機会を提供し、人材の参入を促進します。