平成30年度東日本大震災被災者支援方策調査研究 支え合いマップ地域支援委員会 中間報告書の発行について

2019年4月4日

 本会では、平成28年度から調査研究を実施し、被災者の個別の状況や住民同士の支え合いの実態を明らかにし、今後の被災者支援方策を検討しています。
 平成30年度からは、2か年にわたり①被災者実態調査委員会、②支え合いマップ地域支援委員会、③被災者調査・地域支援合同委員会の3つの調査研究委員会を設置しました。
 この度、支え合いマップ地域支援委員会において通り組んだ調査研究の中間報告書を取りまとめました。
 本調査研究は、住民支え合いマップづくりを通じた地域アセスメントに取り組み、その取組の中から具体的に有効な地域支援の手法を見いだすことを目的としたものです。
 ※ PDF版には、18市町村36地区の取組経過の詳細は載せていません。

支え合いマップ中間報告書(P30まで).pdf(3MB)

お問い合わせ

地域福祉企画部
電話:019-637-4421